ビデオばかり見ている僕です
by herrokatty
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 04月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
リンク集
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


河原

「発破だぞ、発破だぞ。」とぺ吉やみんな叫んだ。しゅっこ[#「しゅっこ」に傍点]は、手をふってそれをとめた。庄助は、きせるの火を、しづかにそれへうつした。うしろに居た一人は、すぐ水に入って、網をかまへた。庄助は、まるで電車を運転するときのやうに落ちついて、立って一あし水にはひると、すぐその持ったものを、さいかちの木の下のところへ投げこんだ。するとまもなく、ぼぉといふやうなひどい音がして、水はむくっと盛りあがり、それからしばらく、そこらあたりがきぃんと鳴った。煉瓦場の人たちは、みんな水へ入った。
「さぁ、流れて来るぞ。みんなとれ。」としゅっこ[#「しゅっこ」に傍点]が云った。まもなく、小指ぐらゐの茶いろなかじかが、横向きになって流れて来たので、取らうとしたら、うしろのはうで三郎が、まるで瓜(うり)をすするときのやうな声を出した。六寸ぐらゐある鮒(ふな)をとって、顔をまっ赤にしてよろこんでゐたのだった。
「だまってろ、だまってろ。」しゅっこ[#「しゅっこ」に傍点]が云った。
 そのとき、向ふの白い河原を、肌ぬぎになったり、シャツだけ着たりした大人や子どもらが、たくさんかけて来た。そのうしろからは、ちゃうど活動写真のやうに、一人の網シャツを着た人が、はだか馬に乗って、まっしぐらに走って来た。みんな発破(はっぱ)の音を聞いて、見に来たのだ。
 庄助(しゃうすけ)は、しばらく腕を組んで、みんなのとるのを見てゐたが、
「さっぱり居なぃな。」と云った。けれども、あんなにとれたらたくさんだ。煉瓦場(れんぐわば)の人たちなんか、三十疋(ぴき)ぐらゐもとったんだから。ぼくらも、一疋か二疋なら誰(たれ)だって拾った。庄助は、だまって、また上流(かみ)へ歩きだした。煉瓦場の人たちもついて行った。網シャツの人は、馬に乗って、またかけて行ったし、子どもらは、ぼくらの仲間にはひらうと、岸に座って待ってゐた。
「発破かけだら、雑魚(ざこ)撒(ま)かせ。」三郎が、河原の砂っぱの上で、ぴょんぴょんはねながら、高く叫んだ。
 ぼくらは、とった魚を、石で囲んで、小さな生洲(いけす)をこしらへて、生き返っても、もう遁(に)げて行かないやうにして、また石取りをはじめた。ほんたうに暑くなって、ねむの木もぐったり見えたし、空もまるで、底なしの淵(ふち)のやうになった。
[PR]
by herrokatty | 2006-08-11 23:27
<< 樹皮 庄助 >>